瞑想がアーユルヴェーダ理論で精神鍛錬法として重宝される真実

アーユルヴェーダ理論においては、瞑想という行
為を、身体を落ち着かせて自覚する心を高めて、
いかなる行動であろうと誠実に実行しようという
精神鍛錬方法として捉えています。

 

瞑想というと一般にリラックスやストレス解消
に利用されるようですが、効果はこれだけにとどまら
ず、思考の柔軟性をアップさせたり、難しい出来事
に直面しても、新鮮さや洞察力をもって対応する
能力を習得したり、想像力や喜びの感覚を手に入れた
りすることができるという意味で大変意義のある
行為です。

 

特に感情の阻害によって体内に閉じ込められた緊張を
解きほぐす効果があるということで、精神的に非常に
楽になれるというのも素晴らしいことです。

 

栄養価の高い食事をすれば、身体に栄養素が充満して
健康になるのと同様、質の高い瞑想を実践すれば、
精神にとって非常に良い栄養素となることは事実です。

 

ちなみに瞑想によって、他人への同情をする心、
忍耐力、分別といったポジティブな心を習得すること
ができ、間違った考え方から解放され、道徳のある
人格を志すのにも有効であるということが最近実感
できるようになりました。

 

瞑想といっても、実践方法といのは様々存在する
というのは事実です。無言で実践する方法もあれば、
祈りながら実践したり、考えながら実践するという
方法もあります。

 

これらの違いというのは文化の違いによるものが
原因であると考えられます。

 

どの瞑想方法であっても自分の体質にマッチして
いて、かつ長期的に継続することができるのであれば
意味のある行為ですので、自分の価値観にマッチ
したものを選ぶというのが良いかと思います。

 

例えば感受性が強く、微細なエネルギーに敏感で
あるタイプの人であれば、祈ったり、歌ったり
する瞑想というのが向いているでしょう。

 

ちなみに瞑想を実践する前にぜひやっておいて
欲しいことがあります。

 

まず手、足、顔を洗っておきましょう。そして
瞑想をする部屋は生理整頓をして換気の良い場所
を選ぶようにしましょう。

 

やはりゴミだらけの散らかった部屋で瞑想をしよう
と思っても集中できないですし、効果は半減して
しまうリスクが否定できないからです。

 

とくに瞑想を実践する時間帯については、できれば
早朝がベストです。そして体内時計に刻み込むように
同じ時間帯に継続して実践するようにしましょう。

 

瞑想を実践する場合は、鼻から息を吸い込み、しばらく
息を止めて、その後は体を楽にして息を吐き出しま
しょう。

 

これを20回程度繰り返してみましょう。初めは
結構シンドイという印象を受けるかもしれませんが、
20分程度実践し、すこしづつ時間を増やしていく
というのがコツです。

 

今日は瞑想をして熟睡します。
おやすみなさい。